仕上げ磨きで子どもを押さえつけるかどうか

こんにちは!

今年、日本こども予防歯科協会を立ち上げました。

現役ママ歯科医師の小川恵子です。

前回、子どもの歯磨きについて書きましたが続編です。

仕上げ磨きの時に押さえつけるかどうかについて

これ、けっこう賛否両論あるかと思います。

こちらについても、実際に私がやってみた結果について書いてみます。

我が家は押さえつけてやっていました

若干過去形になりつつあります。

自分が子どもを持つまでは、親御さんには

「泣いても暴れても押さえつけて磨きましょう。」

とそれがいかにも簡単かのように、お伝えしていました・・・

が、実際その立場になってみると、難しい。

我が家は、他のお子さんよりも、異常に嫌がる気がします。

でもいくら嫌がるからといって、

歯科医師である私の子どもである以上、

虫歯になんてしたくない!

そういう思いが強く、泣いても暴れても、蹴られても、叩かれても、

「歯磨きだけは絶対にするもの!!」と言って聞かせています。

もちろん、2歳なので、言って「あ、そうですね。」と口を開けてくれるわけではありません。

どんなに、優しくやってあげようと思っても、暴れて、逃げて行けば、

追いかけて捕まえて、押さえつけるしかなくなります。

結論から言えば、

思いきり押さえつけて行なっても大丈夫だと思います。

まずは「歯磨きは絶対にするもの」と言い続ける

泣こうが何しようが、このセリフだけは忘れずに。

どんなに小さくても、これを毎日言い続けると、

必ずしなければならないもの。という認識を持ち始めます。

手は「おへそ!」「ポン!」を合図に

たいていの場合、手で払いのけようとしますので、

「手はおへそ!ポン!」と言って、両手をお腹の上に固定させます。

時には、片手に歯ブラシ、もう片手にぬいぐるみを抱っこさせると

まるで自分もぬいぐるみの仕上げ磨きをしている気分になるようで、

ちゃんと磨かせてくれることもあります。

「あー」「いー」の口は必ずしもできるものではない?

雑誌、テレビなどでは

「あー」のお口。「いー」のお口。

と言ってますが、少なくてもうちの子どもには全く通用しません 笑

いくら、「大きなお口、あー」とか言っても、歯磨きそのものが嫌であれば

全く口を開けるわけもなく・・・

それでも一応、そう声かけはしています

逃げるならば多少は押さえつける

あんまり、「押さえつける」という表現はしたくないですが、

実際にやってみてある程度は必要だなと思います。

ルーティーンにするとそのうちできるようになる

え?そんな結論?と思われるかもしれません。

私自身、「うちの子はいつになったら歯磨きを嫌がらずにやってくれるようになるのだろうか・・・????」

とずっと悩んできました。

若干、今でも悩んでいます。

が、はじめにも書いたように、

「歯磨きは絶対にするもの」としつこく毎日続けていた結果、

今では嫌がりながらでも、歯磨きをさせてくれるようになってきましたし、

少しずつゴロンして口を開ける時間も長くなってきました。

子どもは確実に成長します。

その日々の中で、たくさんのことを学んでいきますが、

物事は単発でやるよりも、続けることで確実に覚えていきます。

ですので、決してあきらめずに、磨いてくださいね。

磨き方の記事はこちら↓

https://ks-oral-salon.com/子どもの歯磨きについてお悩みの方/

おススメ歯ブラシは「奇跡の歯ブラシ」の子どもバージョン!!

ご購入希望の方は、https://ks-oral-salon.com/contact/

こちらに「奇跡の歯ブラシ、子ども用希望」とご連絡くださいね

1本432円になります。(配送の場合、別途送料を頂戴しております。)

LINE@では、みなさんからの口元、歯に関する疑問質問にお答えしております。

https://line.me/R/ti/p/%40vpt4051q

auの方はID検索し、ご登録ください。

▷@vpt4051q

関連記事

  1. 女性自身に掲載されました

  2. 歯の色が濃くなる原因って?

  3. その冷え、小顔の大敵です!

  4. キスしたい口でいよう

  5. 首のシワ対策 簡単3選

  6. ほうれい線をなくすには口の中から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA