イベント前に歯科医院に行った方がいいわけ

みなさんの口元から、美と健康と癒しをサポートします

歯科医師の小川恵子です。

 

人生には、様々な「節目」があります。

その節目節目で、数々のイベントがあるわけですが・・・

こんな経験ありませんか?

「大事な時に限って、風邪をひいたり、熱を出したり、体調を崩したりする」

ってこと。

口の中も例外ではありません!!

今日は、だからこそ、定期的に歯科医院に行くべきなのです。というお話です。

お盆と年末年始の急患

実はこれ、歯医者あるある。

休みの時に限って、

「腫れました」「痛いです」

と連絡が来ることが多いのです。

普段の生活では、気を張っていることが多く、

腫れたり、痛みが出そうな部分には、気づかずにいて、

長期の休みに入り、羽を伸した瞬間に心も体も油断し、

普段、どうにかギリギリで保っていたけど、プツンと緊張の糸が切れ、

ドッと症状が出る・・・

って感じでしょうか?

で、いざ歯科医院に行こう!と思った時に限って、

休みだったりするパターン。

また、お盆は夏の暑さで体が疲れていて、症状が出やすい、

年末年始は、冬の寒さや年末で忙しく、体が疲れていて、症状が出やすい、

といった傾向もあるように思われます。

ストレス下で症状が出やすい

だいたい想像はつきますよね?

疲れてきたり、寝不足だったりすると、免疫力も落ちます。

腫れた、痛い、で特に多いのが、

受験前!!

自分の人生を左右するであろう、受験の時

絶不調で試験を受けに行きたくないですよね・・・

特に受験シーズンは、寒い冬。

寒い時って、体も緊張していたり、余分にエネルギーを使おうとするので、疲れやすくもなっています。

妊娠中!!

妊娠中はただでさえ、疲れやすく、ホルモンのバランスの変化も起こりますので、

歯ぐきが腫れやすく、何らかの症状が現れやすいです。

また、麻酔をするのがためらわれたり(歯科の局所麻酔であれば多少はOKとされています。)、

妊娠後期になると水平位が難しくなるので、治療も困難となることがあります。

症状あるある

親知らず

意外と多いのが、親知らずが腫れた、痛い、というもの。

実際には、親知らずの歯そのものの症状ではなく、

周りの歯ぐきの炎症による、腫れや痛みです。

現代人は、歯の大きさの割には、顎の骨が小さくなっているため、

親知らずがきちんと生え切るスペースが残されていないことがほとんどです。

親知らずが顎の骨の中に埋まったままの場合や(私もこれです)

少しだけ顔を出していたり、

頬の柔らかい粘膜から顔を出してしまったり・・・

と状況は様々ですが、

どれも、汚れが歯と歯ぐきの隙間から入り込みやすく、

親知らずは一番奥のため、歯ブラシが入って行きにくいせいもあってか

汚れがそのままになってしまい、歯ぐきが腫れて痛い、といった状況に陥りやすくなります。

また、きちんと上の歯と下の歯で噛むことができずに、

頬っぺたを噛んでしまったり、上下の歯ぐきに食い込んでしまったりして、

腫れたり痛みが出やすい傾向もあります。

虫歯

虫歯はいきなり、大きくなったり、突然痛み出したりはしません。

初めは、虫歯になっていることに気づかず、痛みを感じるようになるまでには

かなり期間があります。

疲れが溜まってきたりすると、症状が進行しやすく、痛みも感じやすくなります。

知覚過敏

こちらも普段は何ともなくても、疲れがたまることで、痛みに敏感になり、

いつもより、冷たいものがしみる、といった症状が出ます。

ちなみに、痛いと思って歯医者で診てもらっても、虫歯とかではなかった、

ということがよくありますが、この知覚過敏で痛みを感じている場合が多いです。

噛み合わせ

こちらはあまり知られていませんが、疲れがたまり、

歯ぎしり、食いしばりなどで、多大な力が加わり、

噛み合わせが「ずれる」ことがあります。

これは、明らかにご自身でずれたな、とわからないレベルではありますが、

例えば、噛み合わせが少し強くなることで、

どこか特定部位だけの歯の接触が強くなり、

その歯に負担がかかりやすくなります。

結果、痛みとして症状が出ることがあります。

口内炎、歯肉炎、歯周病など粘膜の症状

疲れてくると口内炎ができやすい、という方、多いですね。

歯肉炎、歯周病の場合は普段、あまり自覚症状がないことが多いですが、

この場合ですと、

「なんか歯ぐきが腫れた」という状況ですね。

疲れにより、免疫力の低下も考えられますし、

ストレス下では、主要なビタミンが不足しやすくなります。

ビタミンなどの栄養素が不足することで、粘膜が荒れやすくなったりするのも

症状が出やすい理由の一つです。

こうならないために

受験や結婚式、妊娠、出産、などなど、

大事なイベントの時に限って。。。

なんてことにならないためにも、

定期的に歯科医院に行き、口の中の状況を診てもらうのが一番です。

さらに、歯石除去や、ご自身では汚れが落としきれていない部分を

定期的に綺麗にクリーニングしてもらい、リセットすることで

いざの時に、重症化するのを防ぐことができます。

体験談ですが、私は妊娠中は、日々しっかりケアをしてきたことで、

歯ぐきが腫れたりすることはまったくありませんでしたし、

出産後も子育てで、自分のことは後回しになり、

口の中の環境はかなり悪い状況ではあったものの、

今までの確実なケアのおかげで、症状が出ることはありませんでした。

 

♥何もないのに、歯医者に行くのはちょっと・・・

という方に、オススメなのが当クリニックです。

当クリニックでは、治療をするのではなく、

何事も起きないようにするために、

気軽に行ける歯科医院です。

人生の大事なイベント前に、お越しくださいませ

小川恵子公式LINE @はこちらから

https://line.me/R/ti/p/%40vpt4051q

auの方はID検索し、ご登録ください。

▷@vpt4051q

関連記事

  1. デコキャップ入荷

  2. ホワイトニングは一日にして成らず

  3. むくみ顔を解消する方法

  4. 小顔につながる口の中のマッサージ

  5. 激落ちくん並みに歯の汚れが落ちるスポンジ

  6. 夏までに丸ごと自分を変えたい方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA